FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想]雨の日のアイリス 

雨の日のアイリス (電撃文庫)
雨の日のアイリス (電撃文庫)



※ネタバレあり。



 ラノベにしては、随分心の琴線に触れてくる作品でした。

 と、ちょっと冷たい感じで言っていますが、わりと良い作品でしたよね。

 ちょっと荒削り感が大きく、作品に対して筆力がもう一歩、及んでいなかった印象。だけど、読み手の想像力で大分カバーできるのでなんら問題ないといえばないのですがw

 ロボットならではの、ストーリー展開に興味深さを感じました。

 ページの割き方も、これがベストのようにも思いますが、大分後半にかけて、説明不足感がありましたね。SFチックなせって意はしっかりしていましたが、その反面、その設定がこの作品に何か良い影響をもたらしているかといえば、そんなこともあまりなく。力を入れる部分と、ページの制限でもあるのでしょうか、そういう点が気になりましたね。

 しかしこの愛らしい外見から、ボロットw になった時の絶望感といったらハンパなかったですね。解体されているときの絶望感も酷かったけど、こと此処に至っての絶望感のが強い。

 しかしタイトルのつけ方がセンスいいなぁ。博士の言葉からの引用だったというのも良いですが、ボロットの時の世界の見え方に由来しているというのもまた、素晴らしい。

 最近の作品だと、ヒットの部類です。

 こういう本ばかりに出会えたらいうことありませんねw

雨の日のアイリス (電撃文庫)
雨の日のアイリス (電撃文庫)

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://orenoyomedestny.blog84.fc2.com/tb.php/108-b374f4aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。